スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「屋根裏の皇女」 (未投稿品)

 青い瞳の少年は夢精のあった次の夜、祖母に連れられ書斎へ通された。燭台の向こうに浮かぶ祖母の横顔をうかがえば、年老いた指が棚の埃をずるりと掬い取る。この館はかつて帝政が革命で蹂躙された日から代々続いてきたと云う。
 祖母は、少年の呼吸を乱す戸惑いを嗅ぎとり、椅子から立ちあがった。杖の先を天井の鍵穴に差し込み、鉄の扉をはねあげる。祖母の細腕にどうしてそんな力があるのだろうか。少年は扉のかげに何かが手伝う気配を感じた。
 祖母の尻に続いて梯子を昇り、屋根裏へと潜りこむ。すえた匂いに灯火をかざせば、日の差さぬ一室に帝国調の寝台が安置されていた。胸を焼く甘い香り。飴玉だ。孤独な寝台を慰めるように無数の飴玉がまわりを埋め尽くしていた。
 少年はガラスの花畑を危ぶむようにして進む。はめ殺しの天窓から新月が流れこむ、遠くで弦楽奏が鳴る、寝台のそばで飴玉の絨毯が小さく窪む。じゅら。遠慮がちに。じゅら。
 そこで止まっておいで――何ものかが物陰でどちらへともなく告げる。少年は振り返り飴玉の海をやみくもに掻き分ける。やがて睾丸が片方こぼれ落ちると、窪みは足早に駆け寄って、白い指でそれをどろりと掬い取った。

<了>
 

続きを読む

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。