スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おなかがいたかった (作:葉原あきよ)<希望の超短編>

 産まれると言っていた彼女が、突然産まれたと言った。
「え? いつ?」
 そんな様子は全くなかったのに。体を起こした彼女は布の塊を抱いていた。
「何これ?」
 思わずそう聞いてしまったのは、その布が光っていたからだ。
「私。そしてあなた」
 彼女はそう言って微笑む。
 少しだけ暖かい風が吹いた。

(おわり)


2011/03/15 作者サイトに掲載。著作権は作者にあります。

疲れた心に安らぎと光明を。みんなに届け、希望の超短編。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。