スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あおぞらにんぎょ (作:松浦上総) <希望の超短編>

 青空に僕は、白い人魚をさがす。大好きな母さんが、いつか教えてくれた。
 幸せの人魚みつけることができたら。願い事はかなう。僕は強くなれる。
 今は君のため、僕は人魚をさがす。君を守るため、僕は空を泳ぐ。
 泳ぎつづけ、さがしつづけて、やっとみつけた小さな人魚。あたたかく僕をつつむ、それは君の手のひら。
 君を守る。守りつづける。だから、僕はこの手をはなさない。
 君のために僕ができること。たったひとつできること。

 大好きな母さんを、僕は守れなかった。伸ばした指の先、白い人魚がにげた。
 遠ざかる後ろ姿を僕は追いかけたけど。息のつづくかぎり、走りつづけたけど。
 君のために僕は、もっと強くなるよ。君のために僕は、きっと強くなれる。
 幼い日に、握りしめた、白いちいさな幸せは、空にのぼり、雲になって、もういちど舞い降りた。
 君が微笑む。君が寝ころぶ。こんなにも優しいこの世界。
 芝生の上で手のひらをかざす。君と空を見上げる。

 大好きな母さんに、僕は叫んでみたい。幸せの人魚、ちゃんとみつけたよって。僕は強くなったって。

(おわり)


著作権は作者にあります。

疲れた心に安らぎと光明を。みんなに届け、希望の超短編。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。