スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーマンは眠らない (作:篁) ♪希望のポケット童話

 雪がしんしんと降りしきる夜は、雪だるま君がスノーマンランドに帰ることを許された日です。その夜迎えに来てくれた仲間達に、雪だるま君はいいました。
「僕は帰らない」
「このまま地上に居たら、溶けて消えて無くなってしまうんだぞ。再生も出来なくなるんだ。いいのか?」
 皆は必死になって雪だるま君を説得しようとしました。雪だるま君は静かに首を横に振りました。
「あの子の願いを、叶えてあげたいんだ」
 雪だるま君を作ってくれた少年のお母さんは、ずっと長いこと重い病気で入院していました。
 イヴの夜、雪だるま君は空へ一直線に昇って行き、星の神様にお願いを申し上げました。神様は肯いて、雪だるま君に杖をかざしました。
 ぱああああっ。
 明るい光が雪だるま君の体に当り、その体を作っていた一粒ひとつぶの雪の結晶は、空に飛び散って幾つもの小さな星になりました。神様は、誰かの願いを聞くと、その結晶の一粒をそっと空に流します。地上に降り注ぐ流れ星はこうして生まれました。雪だるま君はスノーマンランドに帰ることは出来なくなったけど、誰かの願いをいつも叶え続けているのです。雪の結晶の最後の一粒が消えてなくなるまで、雪だるま君は眠らないのです。
(おわり)


著作権は作者にあります。
作者コメント:未来に夢と希望を、そして灯火を。ポケットの中の童話。
管理人コメント:童話部門をご提案いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。