スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A.I. (作:三里アキラ) <希望の超短編>

 神様なんて信じてないよ。
 だって、だったらなんでこんなに苦しまなくちゃいけないのさ。

 そう言ったロボットは、きしむ腕を使って自身に油を注す。

 歩けるよ。
 動いているから、その間は大丈夫。

 ロボットには表情がないけれど、動けない僕を気遣ってくれているんだろう。
 その思考プログラムによって。
 僕のために作られたという事実によって。
 だから、壊れたら僕がきちんと修理するから、しっかりと手にドライバーを握る。

(おわり)


著作権は作者にあります。
管理人コメント:(寄稿者のみなさんへ)なんと、おかげさまで、希望の超短編だけでも100作品に達しました!ご協力に厚く感謝します!

疲れた心に安らぎと光明を。みんなに届け、希望の超短編!!
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。