スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音撃の島 (作:sleepdog) <希望の超短編>

「音撃の島」


 砂ずきんは絶壁をゆっくりと垂直に登っていく。島に続々と舟が着き、いっそう数が増えていく。長い氷河期がもうすぐ歴史から追放される。海岸から舐めあがる吹雪もやわらいできた。
 凝固した植物の体は国境兵のように整列し、砂ずきんはそれを造作もなく越えていく。島の頂きをめざすと、うずたかく半月状に盛られた泥のなかに、地盤を揺るがすほどの巨大な蝸牛が眠りについていた。周囲の地面には網目のように静脈が張り巡らされ、海をわたり野を走り、この星のあらゆる叫びを吸い寄せていた。
 先陣は歓喜の目でふり返り、後続の輩に空いているバルブの場所を教えた。歓声はやまない。ついに頭数が揃ったのだ。かれらは呼吸を合わせ、すべてのバルブを一斉に回す。やすらかな蝸牛のなかに熱狂が流れこみ、赤々とふくれあがって地鳴りが島を覆いつくした。
 やがて用済みの古代史が焼かれ、舞いおこる陽炎をつき抜け烈烈烈烈と噴き出す大地の咆哮がぶあつい雲を撃ち破る。雲はうねり耳たぶとなり、島はそのゆるんだ穴の一点をひたすら撃ち続ける。天の耳が鳴きくずれ臨界を超えた時、一瞬ですべての鼓膜が犠牲になった。そして、地表には新緑のにおいがただ広がっていく。

(了)
『500文字の心臓』第5回トーナメント大会「MSGP2006」第一回戦投稿作品。結果、☆3、○32で第二回戦に進出しました。
次はどんなタイトルで、どんな対戦相手になるのでしょうか。頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。