スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女将探偵の事件簿☆ゆけむり殺人事件 (作:BUTAPENN)<希望の超短編>

 露天風呂で殺人が起こった。
 被害者は男性。死因は撲殺。緑色のバスタオルを腰に巻きつけ、手に双眼鏡を持って事切れていた。
「板塀の外で大きな物音が聞こえたので、思わず胸を隠したの」
 当時入浴中だった、まあぷる嬢は証言する。セオリーどおりの巨乳美女。ちょっとうらやましい。
 それにしても、殺人の動機は何だろう。巨乳好きの覗き魔を見つけた誰かが、正義の鉄槌をくだしたのだろうか。確かに今は他人の罪悪に極端に不寛容な時代だ。誰もが審判者になりたがる。
 思えば、時計の針が止まったような日々だった。
 あれ以来、日本中が鬱積したものを抱えている。ガイガーカウンターならぬ絶望カウンターがあれば、たちまち針が振り切れてしまうだろう。
 無力感と焦燥と、誰に向けてよいかわからない怒りにさいなまれていた人々は、いつしか、『毒をもって毒を制す、放射能をもって放射能に立ち向かおう』と言い交わして温泉に繰り出し、たちまち日本全土が「ゆけむり」ブームに沸いた。
 科学的根拠はともかく、湯治が悪いことであるはずはない。かくいう私も、ひとときの安らぎを求めて、ここに居合わせたひとりである。
 その貴重な癒しの地で、こんな事件はゆるしがたい。
 眉根を寄せて考え込んでいる私に、
「ワン」
 と犬が駆け寄ってきた。私の相棒、元警察犬のsleepdogだ。
 匂いをたどっているうちに、庭木にひっかかっていた紙片を何枚か見つけたという。
 苦労してつなぎ合わせると、それは星座表の一部だった。
「もしや」
 私はもう一度、被害者の所持品を調べてみた。露天風呂を覗くための双眼鏡だと思っていたものは、実は星を観察するための広角機能を備えていたのだった。
「みんな、希望を失うな。泣きたいときは夜空の星を見上げようぜ」
 被害者は、私たちにそう訴えたかったのかもしれない。締めつけられるような思いで、私は満天の星々を見上げた。
 高橋真梨子の心に沁みるハスキーな歌声がどこからか響いてくる。
「ワンワン」
 sleepdogが、私の着物のすそを引いた。
 え、まだエンディングテーマを流すな。犯人はどうした。事件は何も解決してないって?
 待てよ、もし被害者が覗き魔でないとすると、いったい殺した理由は何だろう。
 空を覗かれて困る人物――まさか、宇宙人?
「ま、いいか。お風呂に入ってこようっと」

 第一、千文字で殺人事件を解決するなんて、そんな芸当、ホームズにだってできるわけないでしょ。

(おわり)


著作権は作者にあります。
作者コメント:ツイッターでのやりとりから生まれたお遊び掌編です。これが「希望の超短編」なのかどうかは疑問ですが(笑)。
元警察犬コメント:まあぷるさんには部分偽装の疑いがかかってます。

疲れた心に双眼鏡と星空を。みんなに届け、希望のアダムスキー。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。