スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光 (作:よしぞー) <希望の超短編>

僕は顔を手で覆った。
昨日まで平和だったのに、今、世界は闇ばかり。
なぜこんなことになった。僕がなにか悪いことをしたのか。
すべての言葉がむなしい。
気持ちを説明できる言葉が見つからない。すべての言葉が闇へ消える。手の平の下から涙が零れる。
闇の世界を歩いた。子供のころから見てきたすべてが、闇に沈んでいる。
さきほどの僕と同じように、みんな顔を手で覆っている。
こんな世界のどこへ向かえばいい。誰かに教えてほしくなった。
僕は闇を見回した。光は無いか。期待があった。だが見つからない。本当に無いの?
闇を駆けた。
駆けて、駆けて、そして見つけた。
視線の先、微かな光。
人々が集まり、輪となっていた。
腰を屈め、手を動かし、闇を掘っている。
掘っている中心に、微かな光。
暗幕と暗幕の隙間から漏れ出ているようなほどの。
自然と体が動いた。
僕は闇を掘った。
助けなければいけないと思った。
光を。
みんなと、掘った、掘った、掘った。
そして、光を掘り出した。
僕たちは光を頭上に掲げた。
闇を照らす小さな光。
だけど、強い光。
「あそこにも光があるぞ」
誰かが言った。
僕は駆け出した。
今、僕ができること。
ひとつでも多くの光を助けること。
闇に支配された世界に、再び多くの光を取り戻したいから。

(おわり)


著作権は作者にあります。

疲れた心に安らぎと光明を。みんなに届け、希望の超短編。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。