スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うめのき (作:染井六郎) ♪希望のポケット童話

 じめんが おおきく ゆれた
 かとおもったら たくさんのしおからいみずと たくさんのものがながれてきて わたしは あしがひっこぬけないように がんばって がんばって ふんばった
 おなじ にわに はえていた まつのじいさんが
「おまえたちは がんばれよー!」
 といって おしながされていくのを わたしは みていることしか できなかった

 よるがきて あさがきて よるがきて あさがきて
 なんにちか ひがすぎた

 わたしのとなりに しおからいみずをあびた わたしのいもうとがたっていたが あしもとにたっていた さけるひをたのしみにしていた かわいいちいさなすみれたちも ゆきにまけなかったなまえもよくしらない くさたちも
 みんな みんな いなくなっていた

 ぱたぱたと ことりたちが わたしのうでにおりてくる
「あなたたちは たいへんね じめんに あしが うまっているから じゆうに そらをとんで にげられなかったんですもの」
 ことりたちに わたしといもうとは にっこりわらった
「あしが しっかりうまっていたから わたしたちは ながされなかったの」

 さむいひが つづいて ゆきも ちらほら ふっている

 ことりたちは わたしたちに おねがいごとをした
「はやく はるを よんできて ほかの くさをおこして むしたちを よんで」
 おなかがぺこぺこなのと ことりたちはいう

「あした さこう」
 いもうとが わたしにいった
「あした さこうね」
 わたしも いもうとに いいかえした


 おおきなつなみで たくさんのいえが ながされてしまったなか
 にほんの うめのきが そのひ はなをさかせた


「しおからい みず なんかに まけない」
「たくさんたくさん はなを さかせて はるをよんで たくさんたくさん みを つけて なつには おいしい うめのみを ないてる あのこにも あのおかあさんにも あのおとうさんにも あげるんだ」

 そして はるがくる


(おわり)


著作権は作者にあります。

未来に夢と希望を、そして灯火を。ポケットの中の童話。
スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。