スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「化石村」

化石村


 老朽化した黒い銀河がゆさゆさと傾きはじめ、熱波は寒波に、寒波は熱波に、いきものは弱いものから順に裏返っていく。結合が解け、塵化した弱きこいびとの、かれらの変わり果てた石を、ひとびとは片時も忘れじと誓い、メイオウ星に送りつづける。それまで平坦だった虚ろな星に、やがて風の路ができ、溜まり場ができ、少しずつ少しずつ堆積されて、ひと肌の燃料となっていく。矮小な星のたみは、暗いほらの棲み家から這い出して、手先が器用であるがゆえ、この燃料で生者たちへの便りを星空に飛ばしつづける。宛て先はどこでもない。帰り路、ぶきっちょの石打ちモルヘンは、方向音痴のジャノメシソチョウの奥歯をうっかり踏みつぶす。モルヘンの足跡はそこから白くなる。一方、砕けた欠片は粉雪のように舞いあがり、紅くかすむ第七銀河の辺境に流れ着く。そこにまた見たこともない集落と、風の路がごんごうごうと鳴っているのだ。ジャノメシソチョウはふたたび乾いた風を得て、とんとんとつと奥歯を鳴らす。こんこん、こっつぅ。とんとん、とっさぁ。

<了>

 
『500文字の心臓』第61回タイトル競作未投稿作品。
投稿作品のほうはいまいちだったので、アナザーバージョンを。
もしかしたら、こっちのほうが良かったかもしれない(苦笑)。
感想お待ちしてます~。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。