スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォータースライダー (作:茶林小一) <希望の超短編>

 私の妻は照れると近くのものを動かす癖がある。
 昨日も、私が料理を褒めると、食器の入った戸棚がスライドした。こちらを向いている妻には見えなかったはずだが、私は確かに見た。
 プロポーズしたときは、大変だった。そのときは何事もなかったように思えたのだが、翌日のニュースで、私が指輪を贈った展望台そのものが、十メートルほど移動していたと知った。
 一年前に建てた新居も、すでに番地が変わっている。
 そして今、私は妻と一緒に高台にいる。どうしてこんなところに来るの、という妻の声が、波音に混ざって聞こえてくる。
 君が、世界の中心だからさ。
 私はメガホンを口に当てると、今まで考えた中で最大級の妻への賛辞を。愛を叫んだ。

(おわり)


著作権は作者にあります。
管理人コメント:えっと…これはもうクレーム覚悟の掲載です。今度はがれきを動かしてください。

疲れた心に安らぎと光明を。みんなに届け、希望の超短編。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。