スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜のまえ (作:香下若菜) <希望の超短編>

 見上げると水彩絵の具で塗りつぶしたような曇天。
 コンビニへ行くのにちょっと近道しようと思って住宅街に入ったら、見事に迷った。
 昼前とはいえ、何も持たずにふらふら歩いて、どう見ても立派な不審者。すれ違う人がいないのは幸か不幸か。
 
 比較的狭い道へ入ると、そこには二本の脚があった。
 玄関から飛び出した脚は異様だけど、動いているから事件や事故ではなさそうだ。この道が正解なら、引き返せない。これまでにない大きな歩幅で、足早に進んでいく。
 けれど、好奇心には勝てず、ちらっと脚の主を見てしまった。向こうも気配に気づいたのか、顔を上げた。
 玄関アプローチに座りこんで、手元には小さな素焼きの鉢。いくつもの袋に白い軍手をはめた手を突っ込んでいる。
 ま、とにかく、道でも聞いておくか。軽く挨拶すると、早速本題に入った。
「この先って、大きな道に出れますかね?」
「この先? 行き止まりだけど」
「そーっすか」
「どこ行くんですか?」
「あ、ちょっと、コンビニに」
「それなら、あの白い家を左に、次の角を右に曲がって。バス通りに出るから」
 お礼を言ってもとの道に戻る前に、ふと、聞いてしまう。
 
「何してるんすか?」
「植え替え。この時期に大きな鉢に植え替えないと、元気なくなっちゃうんでね」
「玄関で?」
「ここ、人通らないから。迷子以外は」
 確かにその通りだ。でも、ちょっとかちんとくる。こっちだって迷いたくて迷ったわけじゃない。
「それ、枯れてないっすか?」
 その人はにやりと笑うと、手にした鉢をひっくりかえす。出てきた根はびっしりとつまっていて、鉢の形になっていた。
「これから、新芽が出てきてすぐ大きくなるから。その準備をしなくちゃ。桜の咲くまえに」
「桜のまえ?」
「本当は桜が咲く頃でいいんだけど、これだけ数があると、咲く直前からしないと間に合わなくて」
 そう言って苦笑いする。増やさなきゃいいんだけど増えるんだと呟くので、おそるおそる聞いてみる。
「何個あるんすか……」
「んー、さっき数えたら34個あったかな? ひとつ持ってく?」
 
 と、いう訳でめでたく持ち物が増えた。白いビニール袋の中身は掌サイズの鉢植えに入った小さな木。不審者度は上がった気がするけど、考えないでおこう。
 育て方とか聞くの忘れてたな。まあ、あれだけの根があるなら、なんとかなるだろう。
 ああ、そうだ。ひとまわり大きな鉢を買おう。来年の桜のまえに。


(おわり)


著作権は作者にあります。

疲れた心に安らぎと光明を。みんなに届け、希望の超短編。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。