スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるをさがして (作:りい) ♪希望のポケット童話

 はるがきた。
 って、どこに?

 あたたかいなあっておもうひもあるけど、さいきんはずーっとさむいんだ。
 くちからでるいきはしろいし、ゆきがふるときもある。
 もうすぐしがつなのにさ。

 あさはふとんからでるのがたいへんだ。
 からだがぶるるってふるえる。
 かおをあらうおみずはすごくつめたい。
 ゆびがじんじんいたくなる。
 そとにあそびにいくと、かぜがぴゅうってふいてくる。

 これって、まだふゆってことじゃないの?
 だからぼくは、どこにはるがきているのかをきいてみた。
 こういうときおとなはへんなことをいってくる。
「いいからはやくねなさい」
 ごまかしてるつもりかもしれないけど、そんなのぜんぜんこたえになってない。
 いいもんね。おしえてくれないなら、じぶんでさがしにいってやる。
 はるさがしのぼうけんにぼくはでた。いきさきはおもいきって、まちはずれのはらっぱだ。

 ひゅるひゅるひゅるひゅる。
 かぜがふくと、ほっぺはハリでちくちくさされたみたいにいたむ。
 かさかさかさかさ。
 ちゃいろいはっぱがあしのまわりでくるくるまわる。
 はるをさがすんだからと、マフラーとてぶくろをいえにおいてきちゃったのはだいしっぱいだ。
 さむくてさむくて、あっというまにからだがこおりみたいになった。

「たっくん、なにしてるの?」
 となりのいえのみうだ。
 みうはぼくよりみっつもとしうえなくせに、あんまりおねえちゃんってきがしない。

 それに、よくわからないことをときどきいう。
「はるをさがしてるんだ」
「はる?」
 みうはいっしゅんだけぽかーんとくちをあけて、
「あのね、たっくん。はるはすっごくてれやさんなんだよ。
 それにね、かくれんぼがじょうずなの。
 だからでてきてもすぐいなくなっちゃうし、さがしてもなかなかみつからないんだよ」

 ちいさなこえでおしえてくれた。
 ないしょばなしをするときみたいに、みみのそばではなすから、ちょっとくすぐったい。
 すこぅしだけ、あたたかくなったきがした。

(おわり)


著作権は作者にあります。

未来に夢と希望を、そして灯火を。ポケットの中の童話。
スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。