スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まだ名前はない」

 新しい友達というか弟みたいなものができた。まあ一緒に暮らしてるんだから、半分家族と言えなくもない。親の許しは一応もらっていて、基本は私に任せきりだが、それなりに気を配ってはくれている。どうも太陽光だけで生きてるみたいだから食費も気にしなくていい。
 ただ、まったく言うことを聞かないし、何もしない。背中のタグには名前を呼べば何でも命令できるとあるのだが、拾いものだから肝心のそれがわからないのだ。一日三個思いついた名前を言うことにしているが、それがもう二ヶ月も続いている。
 ときどき着替えをしていると、そいつはピクッと微妙な反応をするのだが、そういう時はますます言うことを聞かなくなる。少し落ち着いて膝枕をしながらクーラーを弱めると、いつものようにテレビが見たい、コーラが飲みたいと言い出した。
 今日三個目のチャレンジをするが、やっぱりコーラコーラと言うだけだった。

(了)

 
「500文字の心臓」タイトル競作投稿作品です。かわいいっていう評が多かったけど、エッチしてますよこれ。

読んだらぜひweb拍手をひとつクリックください。コメントも大歓迎です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヤッてたんかい!!(笑)
「着替え」で「ピクッと」「微妙な反応」ってそういうことか……。

読み切れんかったわー。

そういう隠し設定です。
膝枕はよいものです。
カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。