スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワインの謎」

wine

 ある別荘で美女が殺された。
 女は恋愛中毒だったようで、別荘での彼女の誕生パーティに呼ばれた男性七人と全員深い関係だった。
 犯行時刻は深夜。パーティの後、女は自室でワインを飲んでいるところを刺殺されたようだ。状況から内部犯の可能性が濃く、男性七人全員にアリバイはない。
 女は赤ワインとグラスを握った姿で発見された。新見刑事は警部の神崎に問う。
「ダイイングメッセージでしょうか?」
 それは被害者が死に際に残す手掛かりだ。
「何か考えられるか?」
「ワイン……例えば頭文字がY」
 容疑者の一人は横山だ。
「産地は……イタリア」
 容疑者の一人は伊田だ。
「原料……ぶどうですよね」
 容疑者の一人、武藤は武道家だし、ぶどうと読めなくもない。
「単純に、赤い色」
 容疑者の一人、瀬川は昨日赤い服を着ていたようだ。ちなみに今日も赤い服を着ている。
「グラス……少し遠いですが、眼鏡」
 容疑者の一人、三木は眼鏡だ。
「あと、被害者の爪がラベルを引っ掻いていたそうです」
 容疑者の一人、音楽家の高嶋は作曲家ラベルの研究者。
 七人出揃った。
「コルク……」
 使用人の名は樫木――いや、もういい。

(了)

 
『500文字の心臓』タイトル競作「謎ワイン」に出そうと思って書いたけど、「ワインの謎」になっちゃったので、投稿せず。今年のものは今年のうちに、ってことで、こちらに掲載します。気に入ったらコメントくださいね。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。