スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年、執筆した作品一覧(2010年)

去年は大晦日にこんな感じに作品一覧をまとめました。作者寸評&プチ裏話つき。
本サイト=Sleepdog's Salon、ブログ=マイクロスコピック(つまりここ)です。

「三種の神器」(1/2)
ブログ収録。2010年年賀小説。年越しチャットで茶林さんと篁さんに「だっちゃ」と「とらぱんつ」を入れろ、と迫られて(笑)書いた即興作品。パロディ、ライトタッチ、フェチズムの三種で勝負する、たぶん最初の一歩。

「水溶性」(2/5)
ブログ収録。心臓投稿作品。フェチズムが行きすぎた怪作となったが、実はそこそこ○をもらい、王様まであと一歩だった。

「全力のハクア」連載開始。(4/11スタート)
サイト収録。小学生を主人公として現代異能力ファンタジー小説。今年一番力を入れた作品で、現在も連載中。1話平均13,000字という長さに脱落者も多いが、構わず全力で書いている。
リーブさんに扉絵を描いてもらい、パブーや小説家になろう!などの外部サイトにも展開したことで、読者が増え、執筆モチベーションが上がった。持つべきものは幼女絵師の友、ということか。

「嘘泥棒」(7/4)
ブログ収録。心臓投稿作品。ちょっとRPG好きにしか分からない設定が多すぎて空振り。反省している。

「寮生類帰農進化論」(7/4)
サイト収録。SSFC15投稿作品。学生時代からちょっと縁があった某国立大学の学生寮をモデルにしている作品。前半は実話ベース、後半は妄想という構成だったので、アンバランスな作品になってしまったが、ノンストップ感が評価されて銅賞に滑り込む。
タイトルは明らかに森見登美彦の「四畳半神話体系」の影響を受けている(笑)。個人的に男子寮生を主人公にしたネタはまだストックがあるので、いつかオモシロク脚色して新作を書きたいと思っている。

「新世紀ビジネスドッグ学園 ~もしも飼い犬がドラッカーを読んだら~」(8/22)
イベント収録。「犬祭4」投稿作品。パロディ、ライトタッチ、フェチズムのデルタフォースに、ラブコメが加わり、前代未聞の甘酸っぱい青春恋愛小説になってしまった作品。まさか感動したという評価をもらうとは予想もしなかった。
おかげさまで、主催者自ら金の骨をもらってしまい、作品でなくむしろそこに非難の嵐が。待て、君たちが票を入れたんだろう?(笑)

「僕がレギンスの普及を認めない理由」(8/29)
イベント収録。「犬祭4」投稿作品。パロディ、ライトタッチ、フェチズムのデルタフォースに、さらにノンストップが加わり、ブレーキが吹き飛んでしまった作品。あえて言おう、太ももは正義だと。

「外れた町」(10/15)
ブログ収録。心臓投稿作品。ちょっと幻想小説のプロローグみたいになってしまった。竜骨の線路と駅鳥は個人的にお気に入りのガジェット。たぶんタイトルを変え、短編小説にすれば面白くなる予感はする。

「音撃の双剣」(11/3)
サイト収録。吉田加代さん主催『オンライン文化祭2010』出展作品。今年のテーマは「音」。音撃の島と呼ばれる舞台で、古来から伝わる音撃技術をめぐる生活と闘い、そして成長を描いた中編ファンタジー。
続編希望を多数の方からいただいたので、来年ちょっと頑張ります。お楽しみに。

「願いが叶う場所」(12/1)
サイト収録。『京都恋物語プロジェクト:まちおこし小説「ノベルなび」』第2回投稿作品(一次選考通過止まり)。京都を舞台にした恋物語。ほぼノンフィクション。欲求不満の人はたぶんイラッとするので注意(笑)。

「世界一決定戦」(12/5)
同人誌収録。文学フリマ頒布の妖怪超短編作品集「へんぐえ ~せるりあん~」投稿作品。もののけカルチャーショック!という日本の妖怪と世界の妖怪が交流する特別企画だったのだが、荒唐無稽な設定と展開しか思いつかなった(笑)

「不二先生の処方箋 根比べ」(12/5)
同人誌収録。妖怪超短編作品集『へんぐえ ~せるりあん~』(発行:夜道会)投稿作品。寝肥(ねぶとり)という妖怪を題材にした怪奇ユーモア作品。挿絵は夜野さんに依頼。ナイスむっちりでした。

「ペンギンの女神」(12/5)
同人誌収録。文学フリマ頒布のゆる系短編作品集『ゆる本9』(発行:雲上回廊)投稿作品。お題は「ペンギンスーツ」。新入社員の男性が、ペンギンスーツを着た先輩女性社員にひざまくらされる一部始終をコミカル&恋愛タッチに描いた作品。しつこいが、あえて言おう、太ももは正義だと。

「不二先生の処方箋 覗き魔」(12/23)
サイト収録。『へんぐえ』投稿作品をシリーズ化した怪奇超短編。独立した話。今年は、小中高生の女子を書きすぎか?と不安になる。だが、後悔していない。

「メルト」(12/24投稿。未発表)
同人誌収録予定。雲上回廊発行の『ゆる本10』に掲載予定。クリスマスパーティの翌朝、はしゃぎ疲れて寝ている無防備な従妹にちょっかいを出す男性の話(笑)


……さて、これで全部出し切ったでしょうか。中編から超短編まで足すと15作。今年は書いたなぁ。
年始はあまりエンジンがかかりませんでしたが、ハクアの連載と犬祭4とオンライン文化祭と文学フリマで、相当な馬力で、相当な文字数を書いたと思います。
来年は、ハクア連載、犬祭5、音撃の続編、ラブコメ作品、怪奇作品などに力を入れようと思ってます。気が向けばゾンビ作品などを書くかも。バカSF? それは深みにはまると危険だから、ほどほどだな(笑)

今年もご愛読ありがとうございました!!
スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。