スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望送付時刻(作:BUTAPENN)<希望の超短編>

 悲惨な事故のニュース画面から放たれる光を片頬に浴びながら、私は必死で夫にメールしていた。
 あそこにいるかも。まさか。でも。でも、通じない。
 最後に交わした言葉。今朝、彼が玄関で靴を履いてから「マフラー忘れた。とってきて」と言われたのだ。
 何よ。自分で取りに行けば。あからさまに不機嫌な顔でマフラーを渡し、彼を送り出した。
 どうして、にっこり笑えなかったんだろう。どうして、今日にかぎって、あんな別れ方をしたんだろう。あなたの網膜に焼きついているのは、私のどんな顔?
 突然、携帯の画面が切り替わって、レモン色の光があふれる。
「あなたのメッセージをお届けします」
 送付先アドレス、タイトル。メッセージ。
 そして一番最後にあったのは、【希望送付時刻】という欄。「過去にも送れます?」
 私は、震える指で文字を打った。
「さっきはごめんね。愛してるよ。早く帰ってきて」
 そして、夫の出勤した時刻を入れ、OKボタンを押した。
 携帯をにぎりしめ、突っ伏している私に、どこからか夫のやさしい声が聞こえてきた。
「どうしたの?」
「あなたにもう一度会いたい」
「うん。だから早めに帰ってきた」
 ふわりと空気が動いて、コロンの匂い。私は彼のコートの襟をつかみ、マフラーの温もりに懸命にすがりついた。

(おわり)


2011/03/14 作者サイトに掲載。
著作権は作者にあります。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。