スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣望 (作:茶林小一) <希望の超短編>

 パンドラが釣りをすると、いつも希望ばかりが釣れていた。
「だめだわここは。場所を変えましょう」
 パンドラが去ったあと、残された竿で、女が釣ってみた。
 脂肪が釣れた。
「これだから人間はダメなのだ。どれ、我輩に貸してみろ」
 荒ぶる女から竿を奪い取り、火星人が釣った。
 欲望という名の巨乳美女が釣れた。
 満足げな顔をして火星人が去ったあと、マゼランが通りかかって釣ってみた。
 喜望峰が釣れた。

(おわり)


著作権は作者にあります。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。