スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り道 (作:GB) <希望の超短編>

『何でも売ります。何でも揃います』
 信号も街灯も消えたひとけの無い街角、こんなふざけた張り紙を見つけてしまった俺は、迷わずその店の扉を引き開けていた。
 勿論、買い物するためじゃない。そこらの店が軒並み陳列棚をカラにしてしまっている状況において、こんなみすぼらしい店舗に何かを期待するほど俺はバカじゃない。
 一言、文句を言ってやるためだ。
 いいや、冗談にしてはふざけすぎている。場合によっては一発殴ってやるつもりで、俺は店の中に足を踏み入れた。
「いらっしゃいませ」
 昔懐かしい駄菓子屋に似た店内には、小柄な中年のオヤジが、ポツンと佇んでいた。
「あの、……表の張り紙って、本当なんだろうな」
「ええ。ただし、お一人様一つずつでお願いします。あと、お持ち帰り出来るもので」
 とても自然な言いざまに、俺はますます激昂した。
「じゃあ、『希望』をくれよ。『明るい未来』でもいい。何でも揃うんだろ? え?」
 俺がそう怒鳴ると、オヤジは少し困ったように眉根を寄せた。
「それは……、ちょっとお売りしかねます」
「何だよ、何でも売るんじゃなかったのかよ! ふざけた張り紙してんじゃねーよ!」
「ですが……」
 そこでオヤジは、こっちがドキリとするほど満面の笑みを浮かべた。
「ですが、『希望』も『明るい未来』も、既にあなた様は両手に一杯抱えていらっしゃるではありませんか」
 
 気が付いた時には、俺は真っ暗な街角で、冷たい風に吹かれて立っていた。
 ごくり、と唾を飲み込んだその瞬間、風が止んだ。そして、まばたきをするようにして街灯に灯が入った。
 俺は、緩みそうになる口元を必死で引き結んで、再び家路を急ぎ始めた。


(おわり)

作者コメント:この企画に、勇気をいただきました。
2011/03/15 作者サイトに掲載。著作権は作者にあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。