スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼく達の巣立ち (作: 三里アキラ) <希望の超短編>

 空から雪が降ってくるから寒い寒いって震えてたんだけど、みっしり集まったらみんなの体温があったかい。繋がってるってあったかい。
 ひらり。
「あ、ピンク色の雪」
 誰かが言って、よく見たらそれは花びらで、お日様がさんさんと照らして空気もあったかくなって、ぼく達は歩けるようになって、ずんずん歩いて、自分の足で未来を目指す。
 だってこんなに明るいんだもの。

(おわり)


著作権は作者にあります。
スポンサーサイト

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。