スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ノドイモッ! の処方箋」

※予想通り物議を醸した茶林さんのショート作品「ノドイモッ!」を先に読まれることを推奨します。
また、本作は内輪ネタを多数含みます。あらかじめご了承ください。それでは張り切ってどうぞ。


 昔から「喉に通しても痛くないほど可愛い妹」などという言葉があるが、本当の妹なんて『うざい』の一言に尽きる。この格言を歴史に残したやつは妹なんかいなかったんじゃなかろうかとさえ考えてしまう。と、妹という属性で思索に耽っていると、ガチャリといきなり部屋のドアが開いた。
「ねぇねぇ、兄上、胸が育たないでござる」
 これが中二の妹である。バカ、お前ノックをしろ! と慌てて保健体育の自宅教材を妹の視界から隠す。薄い本? 動画サイトに決まってるだろそんなの。
「胸が3Dにならないでござるよ、にーにん」
 だからどうしろと。左が赤で右が青の二色メガネとかあり得ないぞ。もう外で遊んで来いよ。いや、この痛さだとそれも困るな。太ももの相談ならいくらでも聞いてやるが、胸のほうは不得意科目なのだ。だいたい僕は2Dでも愛せる。そういう男は将来たくさん出会えるよ。心配するな。
 ちなみに妹の語尾が忍者ハットリくんかぶれみたいなのは、順を追って説明すると、何でも先日、電子レンジでサツマイモのふかし芋を作ろうとして、手違いで感電して、芋津鞠斬之介(いもつまりざんのすけ)という侍の霊が乗り移ったらしい。
 最初は侍だったはずが、いつの間にか「拙者は世を忍ぶ存在になった」と開き直って兄をニンニンと呼ぶようになり、食事中にそれは止めてくれと頼んだら、元々の呼び方(呼ばせ方)であった「にぃ」と化学反応を起こして「にーにん」になった。いやむしろ核融合とか近未来素材みたいな感じである。
 そもそも感電少女というだけでも十分痛い属性がついたのに、中身が兄を「にーにん」と呼ぶ侍というのだから、こんなものが喉を通って痛くないわけがない。僕の目が白いうちは嫁に出せるわけがない。間違った黒いうちだ。
 さて、まったく話が進まないわけだが、設定の説明が終わったので、後はもう流れ作業みたいなものである。予定通り黄色いタコ型地球外生命体を殴り、ぺしゃんこにして、美女に囲まれるハーレムエンドを迎えるだけだ。これからそういう話をする。楽しみに聞いて欲しい。

 まずは目の前の妹だ。名は真降(まふる)という。親が勝手につけたんだ。便宜上ではない。
「昨日、昔の拙者ーーつまりは芋侍が夢枕に立ったでござる。大事な話があると」
 おっと、芋侍って自分で言ったよ? 真降の人格が混ざってるからか? だとしたら申し訳ないな……兄として。
 真降は口惜しそうに語る。
「拙者の宿っている身体が、胸が育たない奇病にかかったでござる。恐らく、拙者は巨乳にしか興味がない主義を一生貫き通したのに、この世で乳の小さい……失礼、未発達のおなごの身体に宿ったが故に、呪いが発動したのでござろう、にーにん」
 何か途中言い直したな。語尾のうざさは百歩譲るとして、巨乳絶対主義を貫いた侍って……何だその仇討ちに遭いそうなやつは。案外もうそこら中で袋叩きにされてそうだけど、まあ、いいか。何より不憫なのは妹の胸だ。たとえ巨乳に育たなくとも普通に成長する可能性は取り戻してやりたい。健全な兄の思いとして。
 考えがまとまったところで、中の侍に尋ねる。
「呪い? 参考までに聞くけど、どうやったら解けるんだ? 言っとくけど、いくらラノベ的だからって実の兄とキスとかエッチとか歯磨きとかダメだぜ?」
 真降はポカンとする。え、中の侍がポカンとしたのか?
「現世ではそうやって呪いを解くのが一般的でござるか? にーにん」
 んなわけないが。もう混乱してきて、こっちが自爆して赤っ恥をかいた感じになってしまったが、とにかく中の乳好き侍を追い出せば問題は解決しそうだ。というかこんな迷惑なやつ一刻も早く何とかしないと。
 霊的な問題による若い女性の奇病か……。机に向かい、ネットで調べ始めると、出るわ出るわ怪しげな専門家の名前が。これ占いとか宗教とか詐欺とかじゃないか? と疑いつつ、何とかまともに解決してくれそうな専門の医者を探し当てた。
「おい、真降、ここなら大丈夫そうだぞ」
 振り返ると、真降が背後から抱きつきかけていた。真降は、駐車場で目が合った猫みたいにハッという表情をする。待て待て、いまお前の中身はどれだ。妹か、侍か、真降の元の人か。いやどれでもマズイだろ。
「兄上、やっぱり頼りになるでござるっ! にーにん!」
 侍の線だけは消えた。分かった。分かったから。
 いいか迷言を残した先人よ、悔い改めよ、肝に刻め。本当の妹なんて『うざい』の一言に尽きるのだ。

 いよいよ本題。
 若い女性の奇病を専門として少し名の知れた先生がいた。名は不二という。医者でふじなど縁起でもないが、先生の場合は関係ない。ネット情報では、年は三十過ぎと若いのだが、面相は恐ろしく老けている。先生の病院に行くと、近所のお年寄りが喉に通りやすい煮物などを渡して気遣ってくれる様子を見かけた。
 お年寄りに好かれる人に悪い人はいない。そう思って、診察室で正直に経緯を説明する。不二先生は「中学生は久しぶりですね」とつぶやきながら親身に聞き入ってくれるが、肝心の真降は先生のそばに立つ看護婦の胸に見入っていた。
 変わった名前なのかと名札を見ると、「菜乃葉」という苗字か名前か分からない感じだったが、たぶん中の侍がナース服に包まれた胸のサイズを目測しているに違いない。こんな具合に、奇病は明らかに妹の日常生活に悪影響を及ぼしていた。
 説明を終えると、不二先生は神妙な面持ちでゆっくりと頷いた。
「失礼ですが、黄色いタコ型地球外生命体の話はどうなりました?」
 あっ!
 という顔を思わずしてしまった。隣りの真降はもう看護婦の胸から興味を失っている。どうやら普通サイズだったようだ。僕はいったい何を気にしてるんだ。とにかく先生の質問に答えないと。
「タコ型ですか。そ……それは、妹の中にいるような気も、いないような気も、いや今頃どこかで干されてたり加熱されてたり裁断されてたりする予感もするんですが……」
 先生は穏やかに苦笑いする。
「まあ、仮にタコの話をされても、宇宙人による奇病は専門外ですから、よそに紹介状を書いてあげる程度しかできませんが」
 そういう専門医とかいるんだ。タコ相手なら実力行使でも良いような気もするけど。
 トン! 先生は長い指でカルテを叩いた。
「幸い、回り道せず、ここで対処法をお伝えできますよ。妹思いのお兄さん」
「あ、ありがとうございます」
 ほっと胸を撫で下ろす。
「菜乃葉さん、照華さんと梨伊さんもここに呼んでください」
「はい!」と看護婦は元気に奥へ小走りに向かって行った。すぐに看護婦が三人揃ってやってきた。懐かしいアイドルの登場みたいな乗りだ。みんなナース服だが、ちょっとおかしい。その上にエプロンを着けている。
「きゃー! 妹さん可愛いー!」と一気に賑やかになり、きゃっきゃうふふと取り囲まれた。なぁ、この先生、というかこの病院、信じていいんだよね……?
 菜乃葉さんから僕たちにも華麗にエプロンが配られる。
「はいっ、妹さんのも! お兄ちゃんのも!」
 勢いに負けて着ることになった。どういうことだこれ。さすがに真降もちょっと挙動不審になる。当然と言えば当然だ。
「ねぇねぇ、これって何が目的でござったか? にーにん……」
 真降あるいは芋侍どちらの本心だろうと、真っ当な疑問だった。
 だが、こちらのペースは構わず、
「さっ、すぐに用意するからね。妹思いのお兄ちゃん」
 照華さんという名のウサギ柄のエプロンをした看護婦が慣れた手付きでサツマイモを洗い始めた。
「手抜きせず、美味しくふかさないとねー。妹思いのお兄ちゃん」
 梨伊さんという名のなぜかフード付きのナース服を着た看護婦が、蒸し器を準備している。えっと、ここ診察室だよね?
 ただ、きれいな年上女性たちに何度もお兄ちゃんと呼ばれて、かなり気恥ずかしくもありつつ、だんだん気分が高揚するようになったことは、妹には内緒だ。
 その傍らで、不二先生は軽やかに腕組みしながら様子を見守っていた。
「妹さんが奇病を患った原因は、芋が喉に通るように電子レンジでやったら失敗したことです。ふかし芋は蒸し器に限ります。年寄りの知恵は素直に倣うものですよ。さ、お兄さんも手伝ってください」
「あの、料理なんかで……?」
「治す方法を、言いましたよ」
 そして、処方箋を渡された。きちんとご利益がありそうな模様が刷られた清らかな和紙に書かれていたのは、ふかし芋のレシピだった。

 先生いわく、ふかしとは不可視でもある、と。つまりは霊体だ。また、ふかしは空振り、すなわち正しくやれば呪いの失効になると。
 それと、ふかしは不可死でもあり、不死は不二なので、先生自身もふかし芋が大好物で、作り方は近所のお年寄り直伝だから絶対に保証する、と。
「後でちょっといただきますよ。よろしく頼みますね」
 先生は、看護婦たちに調理を任せつつ、途中楽しそうにちらちら覗きながら、診察室に立ちこもる美味しそうな湯気を堪能していた。
 そして、完成した手作りふかし芋は、冬にぴったりで、心温まる最高の優しさと甘さだった。不二先生もうんうんと実に満足げにホクホク食べている。
 それはいいとして、何を血迷ったか、看護婦たちは兄として真降にふかし芋をあーんしてあげなさいと煽り、僕は顔を真っ赤にしながら一応従った。蒸したての芋をスプーンですくい、ふうふうして妹の口に運ぶ。真降がモグモグゴックンすると、何とすぐに口調が元に戻ったのである。
「なぁ、ちょっと、にぃ」
「おっ? お、おおぉ……?!」
 乳好き侍のもたらした最低な呪いはちゃんと解けたのだ!
 やった! ふかし芋を乗せたスプーンに思わず力がこもる。真降が元通りにーー
「なぁ、ダメッ、熱いって! こんなに一気に食えるわけないだろぉ! クソバカにぃ!」
 不二先生も看護婦たちも一瞬目を丸くしたが、いや、これでいいのだ。これでいいのだ。これが日常だ。
 本当の妹なんて『うざい』の一言に尽きるのだ。


 結局、黄色いタコ型地球外生命体はどうなったかって? まったくスルーするのが一番の始末方法なんじゃないの?
 つまり、そんな存在を忘れたり思い出さなかったりで、先生たちに芋代を払って深々とお辞儀をし、二人で帰路に着いた。
 途中、真降から思いがけず「蒸し器ってうちにもあるのかなぁ」などと聞かれたが、どうせ料理なんかしないだろと苦笑いし、もう胸の相談なんかするんじゃないぞ、と頭を少しこづいて帰った。

(おわり)




お読みくださり、ありがとうございました。
面白かったら、拍手とかコメントとかくださいませ。

2012年賀小説「後輩巫女とセンパイ会計、旧機の残影に挑む」

 開架中学一年、生徒会所属、有能なる書記のふみちゃんは、時代が違えば卑弥呼にだってなれただろう。いや、卑弥呼にはなれないか。それくらいお正月から紅白の巫女服が似合っていた。中学校は当然バイト禁止だが、家が神社なので、小学生、いや幼稚園の頃から手伝っているらしい。園児のふみちゃんに巫女服とか完全犯罪だ。罪にならない罪だ。
 と、元日からふみちゃんの巫女服をじっくり眺めている一年先輩の生徒会所属、平凡なる会計の僕は、およそ吊り合わないほどの和服音痴で、数学が得意な理屈屋で、新年用に眼鏡を新調したばかりだった。
 しかし、こんなにふみちゃんをじっくり眺めているのは、僕がただ見たい以外の理由がある。参拝客がまったくいないのだ。元日である。神社である。鳥居もある。本殿もある。神主もいる。中一のかわいい巫女手伝いもいる。だが、参拝客がいない。僕を除いて。つまり僕が参拝を終えてしまうと、この神社は下手したら初詣終了である。
「不景気なのかな?」
「数井センパイ、違います。貧乏神が住みついてるんです。探しましょう」
 今年もふみちゃんは唐突にこういうことを言い出す女の子だった。ブレないのがふみちゃんの鉄則であり定石であり美徳だった。
「え? 貧乏神?」
「それを探すのがここの巫女の役目なんです。そうしないと一ヶ月経っても参拝客が来ません」
 一ヶ月後にはどこの神社も参拝客が少なくなっていると思うが、それはそれとして。
「まあ、お客さんが来ないと神社も困るよね」
「数井センパイ、違います。あれが残ると大変なんです」
 ふみちゃんが指差したのは小屋の中にあるソフトクリームの機械だった。お母さんがせっかく作った自家製八丁味噌ソフトが大量に残ると、大変なことになるらしい。何がどう大変になるかは固く口止めされていて、教えてくれなかった。どうやら、“すべてが味噌になる”らしい。
 だが、仮に参拝客が来たとして、ソフトクリームは買わないと思ったが、おみくじを引いた人に無料で配るからいいのだと言う。それがまずいんじゃないかと内心思うが、ふみちゃんも仕込みを手伝ったらしいのでそれは言えなかった。
「で、探すってどこを?」
「いる場所は検討がついてるので大丈夫です」
 そう言って本殿裏の物置に向かい、南京錠を外して戸を開けるふみちゃん。何があるかと思って覗いたら、中はただの物置だった。真ん中にブラウン管のアナログテレビがある。まだ処分してなかったようだ。
「ほら、やっぱりここです。あ、起きたのかな。テレビから頭と両手が出てきてる」
 そんなものはまったく出ていない。ただの黒い箱型機械だ。厚いコートを着ているのに、余裕で背筋が寒くなる。今年は展開が早いな。もう僕の出番なんだ。文系の女の子に見えて理系の僕に見えない何かがあるのだろうか。あるとすれば探るしかない。
「何が……どこから……出てきたの?」
「貧乏神です。あのテレビから」
 年代物のテレビだ。当然、電気など通っていない。ほこりっぽくてひんやりと暗い物置の中に、巫女服のふみちゃんと二人だけ。
「そのまま……そいつは外へ出て行ってくれそうなの?」
「数井センパイ、違います。彼女は胸がつかえて出られないみたいです」
 そこから溢れ出す状況説明は雑だった。今年の貧乏神は高校生くらいの女の子で、傷んだ長い髪だが、それは安いブリーチで傷んだから後悔して黒髪に戻しただけで、寝起きのはだけた白い着物の胸元に龍の刺青があるような不良だけど、いまだに携帯も持ってないアナログ派であるらしい。
「刺青は年末にリア友の弁天様に誘われて一緒に入れたみたいです。ほら、弁天様は水の神、龍神だから」
 僕は迷うことなく錯乱していた。今年の貧乏神。女子高校生。アナログ派。不良。大きな胸がつかえて。寝起き。はだけた胸元。龍の刺青。リア友の弁天様。龍の神。あれ、弁天様はお金の神様でもなかったか? 貧乏神とリア友なの? 相殺されないの?
 で。
「要は……出れないんだね?」
 つまりこれだと参拝客は来ない。ふみちゃんは肩を落として頷いた。貧乏神は痩せているイメージが勝手にあるが、いやあくまで世間的なイメージだが、スレンダーで胸が大きい女子高校生なんて少し裏切られた気分だった。なんだよ、恵まれてるじゃないか。それはともかく。
「ふみちゃん、なら、簡単だ。すぐお客さんは来るよ」
「えっ? ほんとに? あんなお化けみたいなおっぱい、かなり頑固そうだよ?」
 新年早々、ふみちゃんの口から“お化けみたいなおっぱい”というフレーズが飛び出すとは悪い初夢のようだが、僕は状況の最適な解決を優先した。
「テレビを運び出そう」
「えっ、体が出たまま?」
「いやーー」
 想像すると気持ち悪いし、なぜか照れもあった。あらためて断言するが、理系の僕にはテレビから出ようとしているらしい貞子さん系の彼女の姿は見えない。
「ふみちゃん、違います。一旦、中に戻ってもらおう」
 ふみちゃんは合点がいったという表情で目を輝かせた。僕は言ってから困ったのだが、貧乏神とは言え神様だ。子供がお願いしても素直に戻ってもらえるのだろうか。
「数井センパイ、つまりこうですね?」
 ふみちゃんはいきなりテレビを後ろに倒して画面を上にした。ゴロンと大きな音が鳴る。仰向けの箱型テレビ。そして僕に笑顔いっぱいに報告する。
「引っ込みました」
「あ、ああ……」
 一応神様だと思うが大丈夫だろうか。まあ、これでふみちゃんが貧乏になるようなら、僕が将来安定した職に就けばいい。とかちょっと思ってしまった。

 僕たちは、様子を見に来た神主のお父さんに頼んで、元日からやっている粗大ごみ回収車を呼んで、早速テレビを引き取ってもらった。あれに貧乏神がいるのかいないのかは別として、軽トラの荷台に載せられて行くのを見て、頭の中にドナドナが流れた。
 横でふみちゃんは目をつぶり、しっかり拝んでいた。僕も、少し違うだろうけれど、使い古した年代物には神様や霊が宿るという話を思い出して、同じように拝んだ。
 手伝ってくれた御礼に、と神主のお父さんからおみくじを一回タダで引かせてもらった。ドキドキしながら棒を引き、ふみちゃんにおみくじを渡してもらった。
 なんと大吉である。正月から貧乏神を送り出したせいか金運は最高で、大きな成功のチャンスを掴む、とあった。勉学運はまあまあ良くて、恋愛運は辛抱すれば必ず結ばれる、とあった。ふみちゃんに見せてみる。
「恋愛運のこれってさ、いいの?」
 ふみちゃんはおみくじを読んだ後、僕の顔をじっと数秒見つめてきた。嬉しかったけど気恥ずかしくて、早く何か言って欲しかった。
「数井センパイ、ごめんなさい」
 ふみちゃんは本当に申し訳なさそうな顔をする。
 僕の2012年は終わった。
 と本気で思った。
「おみくじの番号が違いました。取り替えます」
 僕の2012年は救われた。ーーのか?
 ふみちゃんが別のおみくじを持ってきた。今度は末吉、恋愛運は“試練を受け入れよ、さすれば龍の助けあり”とあった。辛抱とか試練とかがあるのは確定のようだ。
「ブルース・リーのファンなら垂涎物の言葉だね。はい、これ食べてってな」
 ふみちゃんのお父さんが特大の八丁味噌ソフトを渡してくれた。小屋の中の椅子に座り、巫女服のふみちゃんと並んで食べる。小さい口で美味しそうになめる。
「数井センパイ、ありがとうございます」
「いや、僕はたぶん何もしてないよ」
 今日何かがあったとすれば、年を越した古いテレビを処分したくらいだ。
「数井センパイ、違います。貧乏神がいるから誰も来ないはずなのに、センパイは来てくれたから嬉しいんです」
 冷えた小屋の中で、にこにこと笑顔を傾ける。まさか巫女服のふみちゃんに会いたいからとは言えなかった。
「僕はお客さんじゃないからね」
「ほえ? じゃあ、何ですか?」
 その質問にドキリとする。学校の先輩? 友達? それとも。僕は一人勝手に照れ臭くなって、ごまかそうと今朝のテレビニュースをひとつ思い出した。
「あはは、何だろう、福男かな」
「センパイ、違います。それは年男です」
 ふみちゃんはピシャリと言い切り、ペロリと八丁味噌ソフトを平らげてしまった。
 三学期が始まるまであと一週間くらいだが、ふみちゃんと別に進展はない。おみくじを枝に結んだ後、ちっちゃな手を振る一年後輩のかわいい巫女……じゃなかった書記に見送られて家に帰るだけだ。

(おわり)


今年のお題はこちらの四つです。
・龍の刺青(茶林さん)
・元旦なのに一人も参拝客の来ない神社の巫女が「きっと貧乏神がいるに違いない」と目を光らせ境内中を探索して回る(いさやん)
・テレビから出るに出れない貞子さん系女子(渋江さん)
・八丁味噌ソフト(楠沢さん)

今年もよろしくお願いします。去年に続いて今年も巫女ネタかよ!という読者の皆さん、お題に巫女が入ってるんです!だから私は悪くない。

テーマ : 超短編小説
ジャンル : 小説・文学

カテゴリー
ブログ内検索・作者検索
プロフィール

sleepdog

Author:sleepdog
幻想、冒険、恋愛、青春などをテーマにした短編小説をいろいろ書いています。子供のころから妖怪が大好きで、最近は結構ゆるふわなものが好みです。 生まれは群馬県前橋市。現在、名古屋市在住。どうぞよろしくお願いします。

後輩書記シリーズ公式サイト

ビジター数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。